金利を下げるのは増額審査より厳しい!下がらない場合は解約するのも重要!

みずほ銀行カードローンや消費者金融のカードローンを契約している場合、金利をどうにか下げられないかと考える筈です。現在では、銀行で14.5%前後、消費者金融で18%が一般的になっています。

しかし、現実的なところ、契約後に金利の見直しがされるのは、一部みずほ銀行カードローンとなります。しかも、利用限度額の増額と同時に固定される金利が変更されるといったものに限定されてしまいます。

そもそも、100万円を超える場合、利息制限法により金利15%以下となるため、利用限度額がアップすることで金利が下がる可能性があります。

しかし、30万円や50万円といった利用限度額の場合、一回の増額審査で100万円以上となる可能性は低いものとなります。

そのため、利用限度額がアップしても金利が変わらないため、毎月の利息もアップするリスクを伴います。一般的に金利は契約時の決定されてしまうため、契約期間中はその金利が維持されるケースが多くなります。

信用度が向上しているのにも関わらず、高い金利となっている場合、そのカードローンを解約してしまうことがおすすめです。そして、新たな契約にをする事でより低い金利で借り入れ出来る可能性が生じます。契約を継続するよりも、メリットが生じる可能性を考慮して解約することも重要なこととなります。

金利は審査結果に影響する!審査通過率を考えるなら高めのものを選ぶ方が良い!

誰もがカードローンの金利は、低い方が良いと考えています。しかし、みずほ銀行カードローンのように上限金利14.5%前後の場合、消費者金融のカードローンに比べ、審査が通り難いという問題があります。

そもそも、金利は融資リスクを考慮して設定されており、高い方が審査のハードルが低くなります。そのため、新社会人や信用度に不安を抱える場合、金利上限18%のカードローンを選ぶ方が借り入れ出来るチャンスはアップします。

一方で、金利が高いことは総返済額が高くなるものの、少額かつ短期間での借り入れにおいては、大きな金額差になりません。

一般的に10万円の借り入れであれば、1年で返済しても2000円程にしかなりません。さらに大手消費者金融の無利息期間を最大30日利用した場合、1480の削減となるため、実質的には約500円の効果にしかなりません。

結果、審査落ちというリスクを考慮した場合、金利18.0%でも無駄な利息を払わずに済みます。特に新社会人の場合は、消費者金融のカードローンを契約し、適度な利用で信用度の向上を行う方が将来的に大きな借り入れを出来るチャンスに繋がります。

みずほ銀行カードローンで審査落ちしてしまった場合、その銀行でのローン契約が出来ないだけでなく、同じ保証会社を利用するみずほ銀行カードローンを契約出来なくなるというデメリットばかりです。